4個で20ドルの、12V直流LEDを試す。水道、ガス、電気契約ナシの「てー!ハウスプロジェクト」08


中国から直流12V LEDが届く。

tee80
中国から買っチャイナ!

というわけで、怪しいもんも、よくわからないもんも有象無象がいっぱいの、AliExpressから先月購入した、直流12V用 LEDバルブ。

tee81
こちらの商品。
XE-CREEというところの商品らしい。送料無料。

12V LEDのさっこん

良い良いと言われるLED。

実は、家庭用の電球口金に入れるLEDは、内部で
「交流を直流に変換 → LEDを発光させる」ということをしていて、直流オフグリッド生活からは、ほど遠いアイテムなのでした。

なので、界隈のユーザーでは、「12Vの直流で駆動できる、安くて質の良い照明」というのがずっと求められていて、しかしなぜか国内では全然手に入れられないというさっこん。



tee82 [もっと安いのもあった]

というわけで、海外サイトを探してようやく発見。
注文から24日で届いた。
39日かかりますよ、みたいな表記があったから、ずいぶんはやく届いた体感。

tee84
箱はこんな感じ。大きさと質感が小気味良い。率直に言って、洒落ちょる。

tee83
背面は、こういう風に注文した仕様のチェックが書いてある。
最近中国系に発注すると思うんだけど、かなり細かく、個別に仕様を変更してくれるみたい。

別件でモバイルバッテリーも頼んでいるんだけれど、そちらも細かく融通してくれた。

それと、驚くべきことで、本当かどうかわからないけど、

Life: 150,000 hours
6 Years Free Replacement.


って書いてある。
寿命15万時間。6年間の間、交換に応じる。

6年後もその会社はあるのか???
まあ、何も言ってくれないよりよっぽど嬉しいっす。

tee85
というわけで、開けるとこんなだ。

tee86
端子側は、E系の口金じゃなくて、2本、端子がぴょろっと出てる。
GU5.3という口金らしい。
プラスマイナスの表記はナシ。


直流12V LEDを取り付けてみた


tee87
さっそく取り付けた。
プラスマイナスは、勝手に融通してくれる回路が入ってるだろうと踏んで、両側でプラマイを入れ替えて試したけど、どっちでも大丈夫だった。
直流12Vを流すだけで、ピカリ!

tee88
明るーい!このお写真は、ほぼわたくしの肉眼で見たのと同じくらいに補正したもの。今まで、 Sharpの銭形LED 6Wを使っていて、それはこれの倍くらい明るかったけど、もうちょい色温度が低かった。(=黄色っぽい)

光の照射角は、スポット気味で少し狭い。消費電力を観測してると3Wくらいのもよう。いいぞー!

tee89
気に入ったので、風呂場の照明を 20Wバイク電球から変更。20Wでは明るすぎ&電気使いすぎだったので、
明るさも電力も最適化。

とてもよい。とてもよいですぞー!


ちなみに猫を照らすとこんな感じ。

tee891
なんだその顔は。

寝室と、納屋と、外にもひとつずつつけよう。
こんなに明るくても1個500円ほどの3Wだからね。

今まで、かなり照明は試行錯誤してたけど、
これはひとつの答えだと思いましたとさ!



つづく!
(今日から狩猟期なのに、こんなことしてていいのか??)




てー!ハウスプロジェクト、今までの過程






この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。

    この記事に関連するキーワード