iPhoneのプロ仕様カメラアプリ、645 PRO Mk IIIは、RAWっぽいTIFFを扱える・・のか?


iPhoneのプロ仕様カメラアプリ、645 PRO Mk IIIは、TIFFを扱えて仕事で使えるレベル。
ずっと好きで続けている写真撮影。
あるときを境に、JPEGじゃなくて、RAWファイルというものを知り、その後の現像も補正も幅が広がるために、もっぱらRAWで撮るようになったさっこん。

そんな折、ふと「iPhoneでRAW撮影できないの?」と思って調べたら!

645 PRO Mk III
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥400

やっぱりあった!!!

勢いあまって、さっそく購入。
400円だったけど、RAWを扱えるデジタル一眼を買うと思えば、破格発覚!

iPhoneのプロ仕様カメラアプリ、645 PRO Mk IIIは、TIFFを扱えて仕事で使えるレベル。
起動するとこんな感じ。
なんとヒストグラム(画面内の色分布を表す図)まである!ありがたやー。

そして左下「menu」「Saving」から、記録ファイルタイプやら、いろいろ設定ができる。

iPhoneのプロ仕様カメラアプリ、645 PRO Mk IIIは、TIFFを扱えて仕事で使えるレベル。
メニュー画面。
「images to save」Unprocessed only に、
「Unprocessed image quality」dRAW TIFF にすれば、

iPhoneのプロ仕様カメラアプリ、645 PRO Mk IIIは、TIFFを扱えて仕事で使えるレベル。
はい、ドン! RAWデータっぽい、dRAW-TIFFで撮影できちゃいますよ!

先日、甑島から届いてたアカイカの撮影も、実は iPhone6 plus + 645 PRO Mk III + Photoshop。
今回の記事の写真は、全部 iPhone6 plus + 645 PRO Mk IIIによる撮影。


iPhoneのプロ仕様カメラアプリ、645 PRO Mk IIIは、TIFFを扱えて仕事で使えるレベル。
こちらは今日散歩がてら撮影した犬林さん。最近大人気。

iPhoneのプロ仕様カメラアプリ、645 PRO Mk IIIは、TIFFを扱えて仕事で使えるレベル。
りりしい。

うーん、スマホでこれだけ撮れればいいんじゃないか!と思いきや、
標準のカメラアプリの方が綺麗に撮れることもしばしば。

不思議に思って調べてみると、
こちら の記事を発見。

断言はできませんが、この結果を見ると、、、もしかしたら、もしかしたらですが、、、
iPhoneが吐き出したjpgファイルをTIFに吐き出しているだけ・・なのかもしれません。(個人的推測)
使える機材 Blog!


とのこと。
うーん、そうかも。わかんないけど。

なんにせよ、今後の発展に期待大ですな!
個人的にはヒストグラムを見ながら撮れるだけでもありがたい。

645 PRO Mk III
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥400

つづくー!


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。