満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!


満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
焼けた炭で木材に穴を開ける先住民技術、チャコールディギング

去る8/29に、薩摩川内市のスマートハウスさんで、「チャコールディギングでスプーンを作り、マイスプーンでカレーを食べるワークショップ」の講師をしてきましたよ!

今日はそのご報告を、久保雄太さんのお写真とともに。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
はじめにいつもの摩擦発火。焚き火を起こして熾(おき:炭化して赤熱した木のこと)を作る。
熾がこんがりできる間に、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
スプーンの素材選び!
今回はケヤキのスプーンもどきから、各々ナイフで理想のスプーンを削り出します。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
大人も子供も早いもん勝ち。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
簡単にナイフの使い方の説明をして、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
がんばって削る。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
木の目や、ナイフの持ち方や、何が美しくて何が美しくないのかを考えながら、メイメイが削る。
スマートハウスが木っ端まみれ。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
こんな感じ?
概ね削れたら、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
すっかり赤熱した熾を砕いて、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
スプーンに乗っける。
そして吹く!

あっちでも、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
こっちでも、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
みんなで吹くと、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
たいへん怪しい。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
一見するとパントマイムでラーメンを食べてるようにしか見えないけれど、みなさん大真面目に、火箸で熾を抑え、スプーンのくぼみを制作中。

雨の中、熾を濡らさぬよう、テントの中をあっちこっち行きながらスプーンを焼く。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
2〜3分で、熾の接してる部分は炭化していくので、もろくなる。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
もろくなった部分を丸い石で削り、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
シャボン玉がふわりと飛ぶと、

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
どん!
スプーンとカレーの完成です。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
スタッフさんの作ったカレーも美味しく、
チャコールディギングのスプーンもまたフォトジェニック。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
いただきますして

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
召し上がれ。

満員御礼! 薩摩川内チャコールディギングWSはこんな感じでした!
いやー、いいワークショップでした。
ほぼ年齢は問わずに参加できて、かつ刃物と火の扱いと、食べ物とお土産がセットになっているという、ワークショップの題材としての完成度の高さ。

これは続けていきたいテーマだなぁ。


また、一回経験した人向けに、夜に集まって焚き火でコップを作るワークショップとかもやってみたい。


つづくー!


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。