鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載07〜09話をウェブ公開


南日本新聞 南点 ヒッピーのテンダー
引き続き大人気、鹿児島の南日本新聞、南点欄のテンダー連載。
街でおっちゃん、おばちゃんに会うと、
「切り抜いて持ち歩いてます!」と声をかけられるほど。
ありがたや!

というわけで全14回のうち、9回まで終わり、残すところあと5回。

7話は、鹿児島に来てからずっと思っていた西郷どんと、敬愛するソーヤー海について、
8話は、ダイアモンドのデビアス社の営業戦略に衝撃を受けたときに書いた話。
9話は、犬林やニワトリのサッチなど、てー庵にまつわる生き物たちの回想録。

ちなみに、毎回担当のH氏と原稿を3〜4回やり取りして確定するんだけど、他の方はそこまでやり取りしないらしい。
H氏の愛を感じる昨今です!



2015.9/23「150年後の鹿児島へ」
南日本新聞テンダー南点記事
2015.10/7「マイホームは30年の輝き」
南日本新聞テンダー南点記事
2015.10/21「ワンチュウニャンニョロケコッコ」
南日本新聞テンダー南点記事
次回あたりからなんと、大海原から寄稿される、「テンダー大海原編」が始まるかも。
なんと、ピースボートにゲスト乗船のお声がかかり、タヒチに行ってきます!


つづく!


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。