47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2


南さつま市の47億円公共下水に対して、署名を集めた前回。

南さつま市の公共下水道問題、その後にテンダーが取り組んでいる5つのこと!



署名期間が短かったものの、天才的な署名集めスキルを誇る仲間のおっちゃんの功績により、

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
本日2/8までに集まった、公共下水工事の反対に1667筆、水質調査と汚染防止の啓蒙を求める陳情署名に920筆を、市長と議長に提出っす!


47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
南日本新聞の取材も同行。署名をパシャリ。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
というわけで、市長室隣の豪華な応接室?で、本坊てるお市長に1667筆の反対署名を手渡し
市長が一言も言わないもんだから、「何か一言コメントください」って言ったら「議会で扱います」って言われた。そりゃそうなんだけども。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
920筆の陳情署名は議長が不在だったので、議会事務局の代理の方に手渡し。
細かい文言の部分で不明瞭なところがあると指摘を受け、すぐに修正して再提出。とても親切だった。

いやー。南さつま市始まって以来の最大の署名数。
この署名の今後の展開たるや、いったいどうなるんだろう。

ちなみに南さつま市の人口は36000人前後なので、その50分の1である720筆が集まると、条例の制定・改廃、もしくは監査請求を議会に求めることができる。南さつま市の議員さん、そういうのわかってるのかなぁ。ちょっと疑問。



はてさて、署名を渡した後は、みんな大好き水質調査。


[今回調べた汚染度をマイマップでまとめたよ!もりもり動かして南さつまの水質に詳しくなろう!]

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
というわけでこちら、益山用水路@地頭所公民館前。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2 以前も使ったパックテストでCODのみを測る。
COD5。コイやフナがギリギリ住めるレベル。




47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
続きましてこちら、益山用水路@イズム前。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
CODは、やはり5。




47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
益山用水路の上流、竹田神社前。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
シジミいる。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
カニもいる。見た目にも水はきれい。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
COD0〜5。




47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
お隣の加世田川。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
平神さんがコップで水を釣る。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
COD0〜5の間?




47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
どこを測ってもCOD5くらいに見えてしまうので、尼ヶ城公園のトイレの手洗い水を測定。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
ありゃ。COD5。
今回のキットは、COD100まで測れるものなんだけど、低い値では細かく出せないっぽい。

まあ、上水と益山用水路のCOD値は大きくは違わない、ということで良いのではないでしょうか。

しかし、このまま終わるとパックテストの信頼が揺らぐので、加世田で一番汚いと言われる、パチンコ・モリナガ裏へGO!




47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
こちら、モリナガ裏の排水溝。どえりゃー汚い。油が沈殿してこびりついてる。タバコも投げ捨てられてる。

そしてくさい。
とってもくさい!

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
(臭さにたじろぐメンメン)


47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
とりあえず水を釣って測ってみよう。
と、水を掬ってみると・・・

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
あら、意外と水は透明。匂いは下水特有のアレ。

47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2
というわけで、COD13〜20くらい。やっぱりここが一番汚れていた。

その後、周りを観察してみると、モリナガ最寄りの排水路だけ、この白い油? 硫化水素が沈殿していて、くさい。
周囲は大きな飲食店が幾つかあるけど、その周りの排水路は臭くないし、硫化水素もなく。

これってパチンコ屋的な事業排水なのかな?
玉を洗うのか? 台を洗うのか?

水の中の酸素が足りないために生じた硫化水素らしい。

よくわかんないけど、
加世田の排水溝をあれこれ観察してみて、この一角だけ臭いし油が沈殿してました。


ってことは、一般家庭、関係ないのでは?

市は、公共下水道工事は「環境のため」と最初は言っていたけど、次第に「事業誘致のため」と言い換えつつあります。

事業誘致ったって、ねえ。。。
加世田でビジネス始めたいという人は、一体どれだけいるのだろうか。

そういう調査とか資料とかを元に言ってるのかな?


それはさておき、
極ピンポイントな「モリナガ周辺の汚染」問題が、47億円の公共下水道構想まで行っちゃってるのかと思うと、めまいがする。



つづく。


関連記事

南さつま市の公共下水道問題、その後にテンダーが取り組んでいる5つのこと!



47億円に匹敵?! DIYで下水の汚染度を要チェックだ!その2



[動画] 公共下水道の仕組みの説明



まだ議会で消耗してんの? 南さつま市の公共下水道問題その3


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。