アウトドア雑誌の雄、BE-PAL4月号で火起こし解説してます!


Bepal 4月号
先日発売されたBE-PAL4月号に、摩擦発火とティピファイアの技術解説でわたくしテンダー、登場してますよ!

藤原祥弘さんの文章と、矢島慎一さんの写真が冴え渡りますな!


紙面の関係上、詳しいところは乗り切らなかったらしく、

続きはBE-PALウェブで!とのこと。


BE-PAL上での火起こし解説




ちなみに、スバルさんも海辺料理のコーナーで登場してますぜ!

Bepal 4月号
というわけで、今すぐ書店にダッシュだ!


続く!


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。