タバコの火を、古代の摩擦発火法でつける。マウスドリル火起こし編



一度 キセルを吸ってみたい!というワタセくんのために、
マウスドリルという発火法で、タバコに火をつけました。


日本で紹介されることの少ない、マウスドリルですが、
揉みぎり(ハンドドリル)に比べれば、ずっと簡単だし、材料も体力もセーブされるのでお勧めの発火法ですよ。




そういうわけで、枕崎は今日も平和です。


つづく。


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。