睾丸無知。猪の睾丸を刺身で食べる


猪解体 お話のあらすじ → 狩猟仲間のMさんより、50kgの猪が獲れたから解体しませんか?というお誘いを受けた。






というわけで、





猪の睾丸 睾丸☆
ちなみにみんな大好き、アボカドは、アステカ人の言葉であるナワトル語で「睾丸」を意味するらしい。このアボカドは、ひとつで片手に収まらないくらい。


猪の睾丸 薄膜を向いたアボカド。なんとも言えぬ質感。

昔、猟師さんから教えてもらったのは、
「猪は、心臓と睾丸だけは刺身で食える」というもの。猪の肝臓を生食する人は多いけど、それが元で亡くなる方も多い。狩猟読本にそう書いてあった。知り合いの猟師さんは、肝臓の生食で寄生虫を食べてしまい、肺を片方切除することになったそうな。

とりあえず、調べてみたけど、睾丸生食の安全性について言及するソースを見つけられず。




うーん。
うーん。
とりあえず、






やってみよう!

猪の睾丸 と、思い、包丁を入れる。

うおお、精子が出た! 紅顔しちゃう
ちゃんと理解していなかったけど、睾丸=精巣なのね。魚で言えば白子ね。
わたくし、何にも知らなかったです。ムチムチ。


猪の睾丸 というわけで、完成した刺身。外側と違い、中はレバーのような見た目。
さっそく、お醤油でいただく。ぱくり。





!!!




めちゃくちゃうまい!



強いて言うならクリーミーなホタテ。ホタテの貝肉が、クリーミーにとろける。

なんだこれは。
これが睾丸か。ここまでの味なら、わざわざ刺身にして食べるのも頷けますな。





ところがどっこい、相撲はどすこい、
わたくし、それなりに手堅いので、ほんのひとかじりを刺身でいただいて、後は火を通してみました。

猪の睾丸
するとしいたけだ。


なんだ。睾丸は火を通すとしいたけになるのか。
世の中知らないことばっかりだ。

というわけで、火を通しても十分おいしくいただけました。最初から火を通せば良かった。
(味わい比 →「 さしみ:加熱済み = 1: 0.9 」くらい)



いやー、貴重な体験でした。
次からは、睾丸も捨てることなく食べよう。うんうん。




つづくー!
(この記事は、生食を推奨するものでも保障するものでもありません。食事は自己判断で!)


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。