水俣市の秘湯!春の湯の鶴ゆるつるキャンペーンのチラシ作りましたよ!


春の湯の鶴ゆるつるキャンペーン春の湯の鶴ゆるつるキャンペーン


ひさびさにチラシ製作!
お洒落なカフェ、諸国屋さんのカジヤさんとツヅミコからご縁あって頼まれた、水俣市の秘湯と名高い湯の鶴温泉郷、その春のキャンペーンチラシを作りましたよ!

キャンペーン詳細について、以下載っけときます。
日頃の仕事に疲れちゃった YOU!
湯の鶴温泉にほぐされに行っちゃいなよ!

水俣市・湯の鶴温泉とは?

水俣市・湯の鶴
水俣市・湯の鶴

湯の鶴温泉にようこそ
温泉の泉質は単純硫黄泉。
『新・日本百名湯』にも選ばれました。昔から「あせもができたら湯の鶴温泉に行け」と言われるほど、みんなに優しく愛された温泉です。また近頃では肌に優しいことから「美人の湯」とも呼ばれるようになりました。湯の鶴温泉は、七百年前から続く、水俣山間部の温泉郷。

川に迫り出すひなびた家々、路地裏にあるいくつもの古い石垣は、どこか懐かしいような、時間の流れが止まったかのような不思議な感覚にあなたをいざないます。



春の湯の鶴 ゆるつるキャンペーン


名湯と誉れ高い湯の鶴温泉から、お肌も心も内面もゆるゆるツルツルにほぐす お宿とお食事処の合わせ技・厳選3プランのご提案。温泉街ならではの、温泉三昧をお楽しみいただいた後には、湯の鶴自慢のお食事処で豪華なご夕飯をいかがでしょうか。翌朝のご朝食はゆったりお宿で召し上がれます。豪華キャンペーン特典もついた、春の湯の鶴ゆるつるキャンペーン。

水俣市・春の湯の鶴ゆるつるキャンペーン
水俣市・春の湯の鶴ゆるつるキャンペーン


Aプラン「リラクゼーション」 – 一泊二食付 お一人様 10,650円(税込)


水俣市・湯の鶴 「鶴水荘」
三種類の貸切風呂と、展望露天風呂で、リラックスした贅沢な時間をお過ごしください。女将によるフェイシャルエステもオススメです。(要予約)

水俣市・湯の鶴 「鶴の屋」
かの水戸岡鋭治氏が手がけたモダンなレストラン。コース料理の7品は湯の鶴の名所「七滝」をイメージ、水俣の海幸山幸をふんだんに使ったシェフの一押しです。

ご予約は 鶴水荘: 0966-68-0033 まで


Bプラン「デトックス」- 一泊二食付 お一人様 8,310円(税込)


水俣市・湯の鶴 「あさひ荘」
眺めの良い檜の露店風呂と、重厚な岩湯の2つの温泉が楽しめます。熱めの源泉があなたの体を芯から温めます。朝食も美味しいと評判のお宿です。

水俣市・湯の鶴 「食事処かしわぎ」
ご主人と奥さまのアットホームなおもてなしが温かい、明治創業の歴史あるお食事処。お野菜を中心とした素材の味を最大限に楽しめるヘルシーなコースが評判です。

ご予約は あさひ荘:0966-68-0111 まで


Cプラン「お肌ぷるぷる」- 一泊二食付 お一人様 7,310円(税込)


水俣市・湯の鶴 「喜久屋旅館」
歴史を感じさせる老舗旅館。ここの単純硫黄泉は、老若男女を問わずお肌がつるつるすべすべに。特に奥の間にある貸し切り露天風呂がおすすめです。

水俣市・湯の鶴 「諸国屋本舗」
築90年の古民家カフェ。薪ストーブで暖まりながら、デザートまで手作りの季節食材を使ったコース料理をお楽しみください。今ならお肌ぷるぷる薬膳ティーをサービス!

ご予約は 喜久屋旅館:0966-68-0211 まで


キャンペーン期間 / 2015. 2/1〜3/31
 1組様につき、地域通貨「湯のツール1000円分」プレゼント 
 1名様につき、湯の鶴内で有効な温泉無料券1枚プレゼント 
 1泊2日、食事処による夕飯、宿による朝食付き 
 チェックイン14時、チェックアウト11時(全プラン)

※1 食事内容は季節の素材で変更する場合があります。
※2 全プラン、2名様からのご予約となります。



ゆるつるキャンペーンを企画した諸国屋本舗とは?


諸国屋本舗
「諸国屋」という元旅館を改装したカフェ。諸国屋の名は世界中の人が来れるように、という願いから、だそうな。ハイカラな名前ですなぁ。その名前を引き継ぎ、2012年の9月にカフェとしてオープン。

諸国屋本舗
大きな薪ストーブもトレードマーク。
あったかいですぞー!

諸国屋本舗
店内はいたるところに繊細なしつらい。2階も広くてなかなか粋。

諸国屋本舗
そしてそして、ご飯がとっても美味しい。カレーも大評判。
わたくしの人生カレーランキングの3位には入りますな。
なので、わたくし、水俣市に行く際はたびたびお邪魔しておりますよ!

熊本県 水俣市 湯出1567。
電話 0966(68)0001。
火・水曜日が定休日。


湯の鶴へのアクセス


水俣市・湯の鶴の地図 ・バス利用の場合
 肥薩おれんじ鉄道 『水俣駅』 および九州新幹線 『新水俣駅』から
 みなくるバス「湯の鶴温泉方面行き」共に 約25分、湯の鶴下車。

・車利用の場合
 水俣市街地から県道117号にて15分。
 駐車場:50台(温泉センター駐車場)湯の鶴へのアクセス




湯の鶴はいいところ。


日本中の温泉街が、なんだかこう、迎合している感じの再開発をしてしまっている中、湯の鶴温泉は相変わらず
鄙び続けておりますよ!

いいですぞー!いいですぞー!
鄙びマニアに喜ばれること請け合い。

やー、書いてたら温泉行きたくなってきた!

つづく!


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。