鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載13〜14話をウェブ公開。半年間ありがとうございました!


南日本新聞 南点 ヒッピーのテンダー
いやはや、半年というのはあっという間のような、長かったような。半年間のテンダー原稿、本日無事終了です。

一番心に残ったのは、800文字で書ききる、という練習がこの枠のおかげでできたこと。
伏線も複雑には絡ませられないし、ダジャレもたくさん入れられない。文章の構図が毎回似通っちゃうんだけど、これも技術が蓄積すれば回避できるんだろうなぁ。とにもかくにも、とても勉強になりました。ありがとう!


13話は、船から降りた直後に急遽差し替えた内容。南さつま市の公共下水道事業について。噂のH氏、再登場!

13話Bは、差し替える前の内容。自分でボツにした、新聞未掲載原稿。

14話は、助産院で子供が生まれた話。これにて最終回ですよ!



2015.12/16「26億円の暮らしの知恵」
鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載13〜14話をウェブ公開
未掲載「心を満たし、船は行く」
鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載13〜14話をウェブ公開
2015.12/30「お産、幽玄なる時」
鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載13〜14話をウェブ公開

というわけで、テンダー南点、これにて終了です!
皆様から、新聞社への
「テンダーさんの文章をもっと読みたい!」というご連絡が増えると、次の連載が始まっちゃうかもね!

南日本新聞の連絡先
TEL: 099-813-5001
お問い合わせフォームはこちら



テンダー原稿の過去記事はこちら。


鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載10〜12話をウェブ公開



鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載07〜09話をウェブ公開



鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載04〜06話をウェブ公開



鹿児島・南日本新聞「南点」欄、テンダー連載01〜03話をウェブ公開




つづく!


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。