命をまもる水の確保。決定版、お金のいらない水の濾過器を自作する


来たる無人島合宿に向けて、準備をする日々。


合宿をする無人島はがある。
だけど、それなりに砂やら何やら混じってる。
というわけで、かねてから挑戦していた水の濾過だけど今日は ヨホ研・決定版!

ということで、何かあったときも安心の、お金を使わない濾過の方法をご紹介しますよ。





日本のフィールドでの濾過の現状
roka100
日本語ソースを探しても、なかなか出てこないサバイバルな水の濾過。
ひとつは日本に水がたくさんあるからだし、濾過したいときはフィルターとか使っちゃう科学の国だからなのでした。

簡単な方法はトラッカースクールで習ったけど、英語で聞いててちゃんと理解できてなかったと反省するさっこん。

というわけで見つけた海外サイト

おお、シンプルだ!


roka101

今まで、砂いれたり草いれたり、いろいろいれてみたり、いれることをお勧めされてきたりしたけど、今回のはシンプル!

構造的には、メッシュ → 濾過層 → 重し、以上!

今回は、メッシュ部には、草を使った。ちょっとだけ小石も混ぜた。

roka102
濾過層は、焚き火あとの消し炭。搗き砕いてさらさらにして、


roka103
さらにペットボトルに押し込んだ。ぎゅうぎゅうに。
ぎゅうぎゅうにしないと、水がスルリとすぐに出てきてしまって濾過にならない。

重しはそこいらへんの小石。ガワをペットボトルから竹に変えれば、山中でもできちゃうね。

roka104
どん。


というわけで完成!
作成時間10分。とりあえず水を流して、素材を洗浄だ。
こういうのって、何回も水を通さないと、しばらく汚れた水が出るものです。

というわけで水をジョバジョバ。

roka105
うん、一向に入りません

ペットボトルの上端まで素材を詰めてしまったため、水圧がかからずに中に水が入らない。
洗おうにも洗えない。足を洗って出直してこい!


というわけで、

roka106
減らした。炭は容積でいうと、1リットルくらい入ってる。
このくらいまでいくと、ポタポタと水が落ちるようになった。


roka107
濾過器内で舞ってる炭の粉を溢れさせて流す。だんだんきれいになってきた。
その上で、3回水を滴下させきって、いざ実験!(次ページ)



この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。

    この記事に関連するキーワード