ルツボックスプロジェクト、はじめます



はじめまして。いのゆりと呼ばれています。

いつもヨホホ研究所の投稿を楽しみにしている、ヨホ研ファンのひとりです。

この秋から、「ルツボックスで暮らす」という、小さな挑戦をします。

その様子を、ヨホホ研究所でも少し書かせていただくことになりました。


「ルツボックス」RooTsBox は、
なるべくお金やエネルギーを使わないで作り、暮らせる、家のような車のような箱です。


主な材料は、角材とコンパネ、波板、廃材。

駐車場一台分ほどの大きさで、

キッチンと収納スペースがあり、ロフトで眠れます。

電気は100%ソーラーシステムで、

照明のほか、ノートPCと携帯電話の充電に使います。

採光屋根、換気システムがついています。

基礎がなく、低コストで、固定資産税がかかりません。



構想のヒントは、坂口恭平さんのモバイルハウス

高橋素晴さんの設計に、テンダーのソーラーシステムが合わさって、

ルツボックス第一号がうまれました。

ただいま製作の真っ最中。


(注:写っているのは友人です)


これから、ルツボックス暮らしのあれこれや、建てる様子などレポートしていきます。





この記事の著者