ここは良いとこ枕崎!イノシシの陰茎から奇跡のカッツォ節を作る。


猪の陰茎 突然ですが、陰茎です。

先日、猪を解体したとき、睾丸は刺身にしたものの、陰茎はどうしようかと迷う もなか 最中、

そういえば
イタリア語で 陰茎のことをカッツォと言うから
カッツォ節にしよう!とあいひらめきました。何しろここは枕崎。日本一の鰹節の町です。


猪の陰茎 陰茎のアップ。なんと驚いたことに陰茎は、
二本のソーセージを束ねて、薄膜で覆ったような
構造をしています。
一枚岩じゃないんですね。何しろここは枕崎。



というわけで、
奇跡のカッツォ節のために、レッツラドン!



1.伝統的な鰹節の製法に則って、陰茎を煮る。

煮た猪の陰茎 お写真はゆであがりの陰茎。

茹でてる最中は、ものすごい量の灰汁が出てきて、
もうなんというか、自分の股間が切ない。

いつかわたくしの股間も、こうやって灰汁をすくわれる日が来るのであろうよ。
(遠い目)



2.ほっかほかの陰茎を燻し器に入れる。

燻し器へ ゆであがってキュッと締まった陰茎を、その昔 麹室として作った燻し器に入れる。慰撫しつつ燻す。いぶし銀。

ちなみに茹でてから入れないと、鰹節になったあとに腐ってしまうそうな。


燻し器へ
ちなみにこの製法の監修は、マルタ共和国から鰹節修行に来ている、国境なき寿司団の俊也シェフです。どうもこんにちは。
シェフいわく、どんなもの(豚肉などでも)、きちんと製法をふまえれば鰹節になるそうです。カツオ!イソノ!




3.室の温度を80度までに保つ

温度計 はじめの燻しは、80度前後、次からは50度前後だそうな。
そのまま適当に数日キープ。



4.事故が起きる

炭化した陰茎 なんと、燻し器を丸々燃やしてしまいました。いのししの皮をなめしていたら、目を離した間に引火。
俊也シェフの研究用鰹節とともに、カッツォ節も黒焦げに。俊也シェフごめんなさい。

そして手元に残った、黒焦げの陰茎。硬さはまあまあ。




5.多少 表面を磨いた。

炭化をきれいにした陰茎 ややきれいになった陰茎。焦げ臭が強い。
最後の最後で残念だー!

理想としては、カッチカチに黒光りするカッツォ節を期待していたのに。うむー。

というわけで、炭化したカッツォ節は、
環太平洋浄化300年計画総裁の炭職人、溝口さんに奉納いたしました。



・・・。

ひさびさの研究失敗。
また次にリベンジだ。





つづくー!
(というわけで、誰もカッツォ節の味を知らない)




以下の記事も合わせて読まれています。

睾丸無知。猪の睾丸を刺身で食べる


この記事の著者

テンダー

ヨホホ研究所主宰の、泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2016年のテーマは、持続可能性の本を書くことと、アウトフローを極めて綺麗にすること。